妊娠中の便秘

妊娠中はまず、食生活の見直しを

普段便秘でない人も、妊娠すると便秘になってしまう人がいます。妊娠中は、できるだけ薬を使わず便秘を解消したいもの。まずは、食生活を工夫してみるといいでしょう。

食べやすいものでは、ヨーグルトがおススメです。朝食後、食べる習慣をつけるといいでしょう。ヨーグルトにはカルシウムも含まれているので、一石二鳥です。バナナなどと混ぜて食べると効果が上がることもあります。

毎日の食事でも、食物繊維を多くとるように心掛けるとよいでしょう。こんにゃくやさつまいもなどのいも類のほかにも、豆、海藻類、ごぼうやかぼちゃなども食物繊維が多い食材です。

枝豆を湯がいたり、ひじきの煮物や海藻サラダなど料理を楽しみながら、食べるようにするといいでしょう。

また、水分を摂ることも大切です。意識して多く取るだけで、便秘が解消する人もいます。

食事以外にも、便秘の解消法はあります。妊娠中は、体がだるくなったり、お腹が大きくて動くのがしんどくなると思いますが、ダラダラしていてはいけません。

掃除をしたり、短い散歩をしたりして、適度に体を動かすようにしましょう。そうすると、便も出やすくなるでしょう。

ただ、過度な運動は危険です。どうしても解消されない人は、検診時に医者に相談するといいでしょう。

カテゴリー:妊娠中の便秘

Powered by
Movable Type 4.261